2016年10月10日月曜日

wi2 300契約したけど半年持たなかった


今日のあさごはーん。

前回の記事でカナタの通信まわりの現状について書いたんだけど、そこで触れた「wi2 300」について書きます。

2015年3月に通信まわりをごっそり見直して 、1年半。 そこから変動があったから、ちょろっとまとめておきます...
catscatnip.blogspot.jp
2016年10月時点の私の行動エリア(飲食店中心)での話なのでご注意を。


「wi2 300」とは


簡単に言うと、月額390円の公衆無線LAN

月額料金を払えば、商業施設・飲食店等のWIRE AND WIRELESS社が提供するWi-Fiを利用し放題というもの。
月額料金だけで使えるところと、追加料金を払わないと使えないところがある。
(SSIDがわかれてます)

これからいろいろ書くけど、気になる人はコチラへ。


良い所その1連続接続時間・1日の接続回数が無制限


飲食店等の独自のWi-Fiは、1時間に1回再ログインが必要、とか、1日3時間だけ、のような制限があるのがほとんど。

これらの制限が、wi2 300では追加料金の有無にかかわらず無し。
やりたければ、5時間連続とかで使える。


良い所その2:アプリでのログインが簡単


アプリをDLすると、ウィジェットをホーム画面に置けるようになります。
※というか、こいつはアプリ画面から選べなくて、ウィジェットとして配置しないと使えない

ウィジェットからIDとパスワードを登録すると、ウィジェットを配置したまま端末のWi-Fi設定をONにすれば、あとは電波をキャッチしたらどこでも勝手にログイン。
いちいち手打ちでログインしなくても使えるようになる。


良い所その3:いつでも契約・解約できる


HPから契約したらすぐつかえて、解約するのも手続きをしたらすぐ終了。
もちろん期間制限・手数料はなし。
ただし、月末で登録したとしてもその月分満額請求されるのでそこだけ注意。


正直、良い所はそれくらい。

3時間縛りといっても3時間って十分な時間だし、アプリなしでいちいちログインするのだってそんな手間じゃない。
個人的には。


悪い所その1:追加料金なしで使える場所が少なすぎる


チェーン飲食店で言うと、

  • マクドナルド
  • ルノアール系列
  • スターバックス

以上。
HPで検索するとドトール系列とかすかいらーく系列とか、地図上にびっしり使えるエリアが表示されるけど、ほぼ追加料金が必要


悪い所その2:使い物にならない場所がほとんど


ときどき、こういうキャンペーンをやってます。
↓↓
「月末限定!追加料金なしで、どこでも使えるよ!」

このキャンペーンをつかって、オプションエリア含めてそれなりの数の店舗を試したけれど、どこもかしこも使い物にならない。
繋がってもぷららと同等とか、ぷららより遅いとか、酷いと電波つかみもしないとか。

しかも、月額料金だけで使える場所より、追加料金が必要な場所の方が使い物にならない率が高い。

なにこれ。


結局やめました


自宅でネットを契約していない私にとって、公衆無線LANはとても重要。

金額だけ見れば、決して高いサービスじゃない。
アプリの使い勝手が悪い、とか、マイページが見にくい、とかならまだ許せる。

「電波が使えない」はOUTでしょ
一番大事なサービスがこれってどうよ。


wi2使わなくても便利にWi-Fiはつかえる


飲食店に限らず、いろんなところが独自の無料のWi-Fiを提供している。

テキサスバーガーたべてそのままこの記事書きました。肉。 前回、wi2 300やめたよって書きました。...
catscatnip.blogspot.jp
wi2 300の月額料金だけでつかえる3系列も、それぞれ無料のWi-Fiをもっている。
オプションエリアのお店も同じ状況。
今も上島珈琲の独自のWi-Fiで更新してる。

都市部に住んでいるから提供場所が多い、という事実はあるかもしれないけれど、wi2を使っても使わなくても、快適さは変わらなかった。

実態として同じWIRE AND WIRELESS社が提供していても、そっちの電波のほうが掴みも速度もよっぽど快適な場合がほとんど。
不思議ですねぇ。


はじめにもかいたけれど、これは私の使用環境化での話。
場所によっては、快適に便利につかっている人もきっといるんだと思います。きっと。

ご参考までに。



【備忘録・メモブログランキング】

0 件のコメント :

コメントを投稿