2016年10月18日火曜日

趣味との距離感


趣味だからこそ、「丁度良い」を保つのって難しいよね。


ボディピアスとの距離感


かれこれ何年も続いているけど、距離感が丁度良い。

拡張も数を増やすのも、ほぼ限界に達したなと思ってしばらく経つ。
持っているプラグもエンドも充実してきた。

あとは新しいものや自分が気になったものを、年2回のBAF30%OFFセールの時にポチ。

そしてボディピアスでつながった人たちと、たまに会って楽しい時間を過ごす。

自分のペースを守って長く続けられる、良い距離感だと思うんです。


ソフビとの距離感


ありがちなパターンではあるのですが、今まさに、良い距離感を探しているところです。


急接近だった


ボディピアスもそうだったけど、私の問題として、とりあえず収集癖がある。
一気にのめり込むと一気にかき集める。

ソフビは半年弱くらい、私としては結構な勢いで収集してた。
初めて手にしてからイベント系に参加するまで早かったのも一因かな。

そこで知り合えた人もたくさんいた。
イベントで過ごす時間も本当に楽しかった。
じゃんけんに勝ってソフビを手に入れられるのもうれしかった。

でもある程度たってからハッと気づいたんです。


一回落ち着きたい



このツイート自体は、気付いて暫く経ってからのもの。

私はモノを手放すことに対して本当に抵抗がない。
冷めた瞬間に一気に手放す。

いろんなものでそれをやってきたけれど、ソフビでそれはあまりにも寂しい。
その前に1回落ち着きたい。

楽しくて気持ち良い距離感を探したい。

それで、大怪獣サロン等のイベントに行くのも控えてた。
そこはあまりに楽しくて、私は弱いから、自分のペースを守れない。


それでも増える


明らかにペースは落ちたものの、欲しいものは欲しい。
可能な範囲でだけど足を運んでいました。

ネコニオモチャの更新が1カ月以上開いたのも、1回だけ。


結局帰ってきた


TwitterでメカネコロンMk-Ⅰが流れてきて、たまらなくなったよね。
ブログをさかのぼってみたら、1月のクリックマックス展以来の大怪獣サロンでした。

予約のために怪サロに行ったときにお店の方と話したり、当日にソフビファンの面々に会ったりして、やっぱり良い場所だなーって再確認しました。

「来れるときにおいでー」って送ってもらったのも嬉しかったなぁ。
自分のペースを守れそうだなーって。



丁度良い距離感って難しい



好きなものほど、距離を詰めたくなる。

でもそのまま長くいると、「あ、駄目だ」って瞬間が来る。
その前かその時か、「丁度良い距離感を探す」という選択肢を取るかどうかが、続くか否かの分かれ目。

「駄目だ」から「どうでも良い」になったら、その趣味は終わり。

終わってもそれはそれで良いけど、長く楽しみたいなら、1回離れてでも「丁度良い」を探した方が良い。

その距離感は人によって違うものだし、たぶん私の場合は、それなりの距離がないと「駄目」なケースが多い。
(仕事はそれが難しいから余計に自分が壊れやすいんだ。)

せめていま好きなものたちは、どこかにある「丁度良い」を探して、保てるようにしたいなと思ってます。



【備忘録・メモブログランキング】

0 件のコメント :

コメントを投稿